あなたのケア方法は大丈夫??

普段何気なくおこなっているスキンケアですが、意外と落とし穴が存在します。

1つの落とし穴にはまっているだけで、なかなか肌トラブルが改善されないこともあります
自分のスキンケアは大丈夫か見直してみましょう。

 

 

もっとも基本的なことですが、意外とはまりがちな落とし穴です。
特に寒い冬にやりがちなお湯での洗顔です。
なぜお湯ではダメなのかと言うと、お湯で洗ってみると分かりやすいと思います。
お湯で洗顔した後は水やぬるま湯の時以上にツパッた感じがあると思います。
それは、お湯で洗うことで肌の皮脂が必要以上に洗い流してしまうためです。

なら脂性肌の人ならお湯で洗った方がいいのではないかと思うかしれません。

しかし、そのような考えは間違いです。
どんな肌質の人もお湯での洗顔は厳禁です。
基本中の基本なので覚えておきましょう。
洗顔は水か34度前後のぬるま湯でおこないます。
そうすることで必要以上の皮脂を落とさずに洗うことが出来ます。

 

 

良くクレンジングをしながらマッサージをすると良いと聞いたことがあると思います。
しかし、これには注意が必要です。
マッサージ自体は滑りも良くなっているため、お肌への負担はとても少なく出来ます。
しかし、クレンジングの本来の目的はメイクを落とすことです。
マッサージが目的ではないため、肌への負担が大きくなります。
さらに、落としたメイクが長く肌に付いているのも良くありません。
なので、マッサージをするなら落としながら軽くマッサージする程度にしましょう。

 

 

良く化粧水をコットンに付けてパッティングしている人がいます。
しかし、あまりおススメ出来るものではありません。
コットンは手でパッティングするよりも肌への負担が大きくなります

さらに化粧水の量が少なかったり、コットンが品質があまり良くないものだとパッティング中に毛羽立ちます。

そのまま続けることで肌に負担になってしまいます。
そうなるとどんなに頑張ってパッティングしても逆効果です。
コットンで化粧水をつけるならパッティングよりもコットンパックの方が良いでしょう。
しかし、コットンパックでも質の悪いコットンでは肌に良くないので良いものを使うようにしましょう。