1番はまってしまう落とし穴

今使っている基礎化粧品やメイク用品などはいつから使っているものですか?

気がついたら1年以上使っていたり、それ以上使っているものはありませんか?
そういったものは注意が必要です。
あまり知られていませんが、基礎化粧品やメイク用品には消費期限があります
物によって消費期限は様々です。

 

 

化粧水・乳液・美容液
これらの消費期限は未開封で保管状態が良いもので最大3年です。
買った時から3年ではなく、製造されてから3年です。
そして開封してからどんなに長くても1年以内に使い切るようにしましょう。
出来たら半年以内が良いでしょう。
消費期限が切れたものを使い続けると、品質が低下してきます。
それを使い続けると肌にトラブルが起きてしまうことがあります。
洗顔後の敏感な肌に直接付けるものなので気をつけましょう。

 

クレンジング
クレンジングも未開封で3年以内、開封後は1年以内に使い切るようにしましょう。
特にオイルクレンジングは酸化してしまうため、肌にとても悪影響です。

 

洗顔石鹸
洗顔石鹸も製造から3年以内です。
長くしまっておくと表面が変色することがありますが、1度使えば問題はありません。
製造3年以内を守って使用すれば変色していても品質に問題はないので大丈夫です。

 

 

 

ファンデーション
リキッドタイプは半年、パウダータイプは1年が消費期限です。
なぜリキッドタイプの方が短いかと言うと、菌が繁殖することでファンデーションは劣化します。
菌が繁殖するには水分が必要なためリキッドタイプの方が期限が短いのです、
パウダータイプは期限が長いからと油断してはいけません。
パウダータイプ自体は期限は長いのですが、パフやスポンジなどはこまめに取り替えましょう
理想は1週間ですが、長くても1ヶ月で取り替えるか洗いましょう
同じものを使い続けると劣化が早まります。
期限が来なくても買った時の色と変わってきたり、香りが変わってきたら買えどきです。
もったいながらずに捨てましょう。
塗りにくくなるだけでなく、ニキビなどの肌トラブルの原因にもなります。

 

アイシャドウ
パウダータイプは2年ほどが消費期限です。
クリームタイプは半年程とタイプによって違うので気をつけましょう。
しかし、つけるのに使っているブラシなどはこまめに取り替えましょう。
理想は1週間で最長でも1ヶ月程度で変えましょう。

 

マスカラ
意外とコスパが良いものなどを使っていると長く使いがちです。
しかし、マスカラの消費期限は3ヶ月です。
短いと思うかもしれませんが、液体のため菌が繁殖しやすいので短いのです。
菌の増えたマスカラが目に入ってしまったりすると、炎症を起こしたりしてしまうんで注意が必要です。
乾燥してきたら質が落ちてしまっているので捨てましょう。

 

アイライナー
リキッドタイプが3ヶ月です。
ペンシルタイプは2年ほど持ちます。
リキッドタイプ菌が増えやすくマスカラ同様注意が必要です。
乾燥してきたら質が落ちてしまっているので捨てましょう。

 

チーク
パウダータイプ、クリームタイプなど種類がありますが、大体2年が消費期限です。
長持ちですが、使うブラシ等はこまめに変えましょう。

 

口紅・グロス
グロスは1年が期限です。
買った時よりもベタベタ感が出てきたら買えどきです。
口紅は2年とグロスよりも長持ちです。
しかし、変色していたりにおいが変わったら期限にならなくても捨てましょう。